submit to reddit

バンコクの中華街

最初の中国人の移民は12年代に商売家としてタイに着いた。18と19年代でタイの政府は中国人の移住を戦争後の国の状態を引き戻すため支えた。その結果19年代の後半にバンコクの人口の半分ぐらいは中国人か中国人とタイ人の混血だった。


現在は中国人住民の人数は少し減少したが今でも経済の関係があるビジネスに関わる人の中で中国人が多い。その上バンコクで中国人の宗教の影響を与えられた場所も多い。バンコクの中華街でたくさんのかなり古くて伝統的なビルを見つけられる。ビルの1階で家族のビジネスのため建てあるお部屋がありにかいで家族の人たちが住んでいる。

大雄寶殿(大力のホール)

バンコクの中華街は夜になるとめちゃくちゃ賑やかになり、人口密度も高いから、どこに踏むか注意しないといけない。またこの周辺綺麗な道教のお寺と伝統的な面のお店と屋台を見つかることができる。もしタイと中国の代表的な料理を食べてみたいなーと思ったらぜひバンコクの中華街を訪問してください!