submit to reddit

3ヶ国語の熱帯国・南東アジアの香港

香港島の景色

香港は数年代ま展開始めた中華人民共和国の南部にある特別行政区で、約1100km2の面積に700万人を超える人口を有する、人口密集地域である。季節全く無しで、蒸し暑くて、年中25度を超える平均温度が最初に生きずらい感じするが天候を無視すると不思議な経験を楽しめる。


公式な言語は中国語のカントン語の方言と英語であるが中国語の北京語も通じる。現地人と話すと若者は北京語の方が良く話せるが年取った人たちは英語の方が話せると分かった。もしかしたら、ドンドン弱くなる英影響と強くなる中国大陸政府の影響の為であるかもしれない。しかしながら、現地人外国人と話す時は北京語より英語の方が使うとすると気がついた。繁体字の漢字か英語が分かる観光客は言語の壁のほとんど打つることがない。看板とサインは両方の言語で書いてあるから。もしももっとオーセンティックな経験が欲しいなーと思ったら中国語の基礎を勉強するのがオススメ。

カントン語しか書いていないメニュー

所得した経験は中国語知識のレベルと比例する。実例とすると、かなり安くて伝統的な現地のお店に行ったら料理を頼むでしょう。そういうお店で英語はきっと通じないから困る。

乳茶と香港の伝統的なスープ(38香港ドル)

2015年10月に香港の市内のお店で若干うどんに似ているスープと乳茶は38香港ドル(約500円)かかってしまった。高いと言えないよねー。メニュー上でフライドヌードル・和風のいろいろな食べ物から選ぶことが出来た。なお、飲み物は暖かいか冷やしてるお茶とコーヒー等もあった。