submit to reddit

ブダペスト国会議事堂は21年のレフォーム後完成

ブダペストの唯一な観光地は国会議事堂である

ハンガリー国民議会の国会議事堂はブダペストの唯一な場所で一番有名な観光地であり、ブダペストの5区でドナウ川岸辺に位置する。


ドナウ川に対面する側面は21年のレフォーム後、2009年9月に完成された。ハンガリー国民議会1880年に作業のため恒久な建物が必要と決めた。1881年に大勢の建築者が申し込みしたが、結局Steindl Imre(シュテインル イムレ)氏が建築許可をもらった。

飾るため利用された22−23カラットな金の重量は約40キロである

国会議事堂の設計にゴシック・リヴァイヴァル、バロックと折衷主義建築式が混ぜていた。Steindl Imre氏の建築式にオーストリア人の建築者(Friedrich von Schmidt氏)の師匠が影響を与えた。Friedrich von Schmidt氏がウィーンでゴシック・リヴァイヴァル式で建てたカテドラルの要素はハンガリー国会議事堂の設計にも導入された。おいおい国会議事堂はハンガリーにシンボルになった。

国民議会はハンガリー国家の1000年創立記念を祝うため1896年6月8日工事中の建物に会議を行った。

建築は一つの条件しかなかった。すなわち、国産材料を使うことが許された。しかしながら、スウェーデンから輸入された8個の高さの6メートルの柱は建築条件を満たさずに使われた。ハンガリー国会議事堂の工事は1885年に開始し、1904年完成したが、残念ながら建築者は死亡のため自分が設計した完成の建物を見ることができなかった。通常は平均1000人が工事を行った。ハンガリー国会議事堂の長さは268メートルで、幅は123メートルで、高さは96メートルである。

ブダペストの観光なら、国会議事堂の訪問はオススメ

国会議事堂の一番顕著な部分はそれのドーム(円蓋)だと思われている。門は総計27個、階段29個、エレベーター13個、オフィス200個である。加えて、石像は外面の壁に90個、内面の壁に152個である。国会議事堂を飾るため使われた22−23カラットな金の重量はほぼ40キロである。

2000年第一の法に従い、聖イシュトヴァーンの王冠とそれ以外の旗印は国会議事堂に表示されてる。以前聖イシュトヴァーンの王冠は国立博物館に出品されていたが、現在の法律に伴い王冠の一番適当な場所は国会議事堂である。

ハンガリー国会議事堂はヨーロッパの第二、世界第三大きい国会議事堂であり、工事費は約3千8百万オーストロハンガリークローネだった。